スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web上で発信すると言う事

ちょっと慣れがいるのかもしれない。
絵でも文章でもなんでもいいんだけどさ。

最初は、普通は仲のいい友達と見せあっこして楽しむか
一人で作って楽しむか、まーどっちにしても少人数。
でもずっと公開してたらそこに第三者が絡んで来るわけで
好きだと言ってくれる人、批判してくる人、同じ趣味の仲間、いろいろだ。

いままでと同じように好き勝手書いてたらその誰かを怒らせるかもしれないし
気を使って萎縮して楽しめなくなるかもしれない。

ここがちょっと分岐点だぜ。
仮にその10倍、100倍のアクセスになった時どうしたいか。
誰でもそうだけど万人に好かれるのは無理だ、どんなに気を使っても。
何を言われても(理不尽な叩きとかの事だぜ)
強く自分を保てるか・・・と言うよりそう思えるかどうか。

それと、他者の視線を考慮できるか?って事はちょっとポイントだと思う。
言いたい事も言えないこんな世の中じゃって事ではなく
自分が何を伝えたくて、それを見た他人にはどう映るか。
これを読んで怒るか、笑うか、悲しませるか
そしてそれは自分が意図した事なのか?って事。



怒りや悲しみは割と反応する人の割合が多いと思う。
炎上ってヤツです。

「何かを伝える」目的じゃなくて
「吐き出す」目的で書いてる人が意図せずそうなりやすいと思うんだよね。
そりゃそーだ。
そんなに見られる事を想定して書かれてないからさ。

吐き出すのは別に悪くないと思う。
オレが言いたいのはリスクがあるって事なんだ。
なにかのきっかけで閲覧が増えた時、どうする?
自分の最も弱い部分を公開してる場所でさー。

なので吐き出す場所は大抵は長続きはしないように見える。



話が逸れた。

自分の絵や文章で
閲覧者の表情まで想像できるか出来ないか
どう思わせたいのかを意識して書く&作るってのは
すごく大事なんじゃないかなーと言う、それだけの話でした。
(プレゼン資料や提案書やメールなんかもです)

怒らせる目的で文章書いて、顔真っ赤な反論来たり
エロいの書きたくて、書いたら軽蔑されたり
そういう事なら狙い通りって事。





逆にチラシの裏として使うならリスクマネジメントはしっかりしてwww
スポンサーサイト

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
Profile

数字

Author:数字
私の魔力は53万です

Counter
ブログ内検索
はてなホッテントリ
Banner


著作権表記
Copyright(C) 2008 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2008 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。